SacredArea-blog
ガンダム・アニメ・ゲーム・スパロボ・同人・PC等、管理人が興味のある話題を綴る雑記帳
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

なんかこう・・・・上手く出来ない
なんとなくShadeなんぞを弄ってみたんですが、どうにもこうにも・・・・・
レンダリングしたらそれっぽくは見えるんだけれども、例えば最近流行りの
立体出力にデータを使えるかどうかというのは全くもって別の話なんだなぁってのを
再認識してみたりしたわけで・・・・・

20110403_sg_image01.jpg

って、まぁ「魔法少女まどか☆マギカ」のソウルジェム的な物体なんですが。
画像の物体程度なら、ひたすら擬似集合演算(ブーリアン)を使って1日とかからずに
作ることができるんですけどね。例えば矢印で示している格子部分の水色の形状を
どうやって作っているかというと・・・・・


20110404_sg_image_01.jpg

最終目標はコレ。さっきのと色が違っていますが、外側が黄緑・側面が紫・内側がピンクになっています。


20110404_sg_image_02.jpg

形状A:まずは外側。卵の形。


20110404_sg_image_03.jpg

形状B:格子のシルエットを切り出す形状。


20110404_sg_image_04.jpg

形状C:形状Aより一回り小さいので、形状Aから形状Cを引くと薄い殻が残ります。


20110404_sg_image_05.jpg

まず形状Aと形状Bを合わせます。そして形状Aと形状Bの共通部分だけを残すように演算すると

20110404_sg_image_06.jpg

こうなります。

この形状から、さらに内側の形状Cを削ってやると
20110404_sg_image_07.jpg 20110404_sg_image_08.jpg

こんな感じに出来上がるんですね・・・・ただ、まぁなんといいますか
Shadeの擬似集合演算は取り出した形状のエッジを定義出来ないんです。
(昔のバージョンから、ブーリアンで出来たエッジの角落としとか丸めが
 出来ないってのが通説だったんだけど、10.5ってどうなんだろう・・・・・)


20110404_sg_image_05b.jpg

つまり↑こういう↑感じ


なまじ過去に仕事でソリッド系の3D-CADを弄ってしまっている分、なんかサーフェースモデラーの
Shadeじゃ無理じゃねーかという先入観もあるんだろうけれども、実際にマシニングでも
こんなデータじゃ流せないよね!っていう風に自己完結。



さて、ヒュッケバインでも塗るか・・・・・<マテ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hipolyman.blog27.fc2.com/tb.php/1004-af8a818e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハイポリマン

Author:ハイポリマン
兵庫県在住・漢・就職活動中
愛車は三菱FTO-GPXでした。
現在引き篭もりつつ暗躍中
連絡はコチラ
norinori-hat○ac.auone-net.jp
(○には@を入れる)
もしくは
mixipixivまで
twitter_logo.gif

最近の記事

monthly

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード