SacredArea-blog
ガンダム・アニメ・ゲーム・スパロボ・同人・PC等、管理人が興味のある話題を綴る雑記帳
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼き流星
バンダイホビー事業部の新シリーズ、「Real-Robot-Revolution」通称「R3」の第一弾
「1/48 レイズナー」をパチ組みしましたので、簡単に紹介を。


正面
空に蒼い流星


背面
夜の運河をすべるようだね



頭部、唯一塗装をした部分。カメラアイの下の板状の部分と、額のメインカメラ(?)の周囲は
色指定では「白」ですが、パッケージ写真を見るともっと暗く沈んだ色にした方が
雰囲気が出ると思ったので、それぞれ青とグレーで塗装しています
二人 ビルの窓から

クリアグリーンのキャノピーを付けるとこんな感じ
遠くの都会(まち)を探していたよ

キャノピーの縁も青で塗装。


悲しい瞳で 愛を責めないで

レイズナーをはじめ、SPTの特徴的な武装・ナックルショット。


何も言わずに 行かせてほしい

レーザード・ライフルは両手での保持が可能。


細いその肩を そっと抱きしめて

ライフルで牽制しつつ、相手の懐に飛び込んでナックルショット!!!なんちゃって(汗


涙 キスでぬぐった

V-MAX発動終了後の強制冷却ハッチ開放状態。


と、まぁ普通にレビューするだけならココまでなんですが、R3は新シリーズということで
若干突っ込みを入れておきます。


・コストパフォーマンス。
4200円(税込み)ですが、正直高いです。税抜き3000円~3500円が適正か
あるいは、機敏な戦闘が印象的な機体ですので、ディスプレイスタンドを
セットして税込み4200円で出してほしかったというのが本音。

・プロポーション。
コレは好みの範疇なのですが、私的には問題無いレベルです。が・・・・

・可動範囲
正直、最近のガンダム系マスターグレードに慣れた身にはかなり辛い内容。
特に下半身の可動範囲が狭すぎます。
股関節にボールジョイント(BJ)を使用していますが、実際BJってそんなに可動範囲が
広くなる代物ではありません。ついでに言うと、保持力も弱いので大型のモデルになると
自重に耐えるのが精一杯、みたいな事態に陥ることも。
今回のレイズナーですが、保持力を上げる為か大き目のBJが組み込まれています。
大き目のBJを使用するという事は、ボールと基部を繋ぐシャフト部分への負荷が大きくなる為
シャフトそのものも太くする必要があり、ボールの直径とシャフトの直径の差が
小さくなり、可動範囲に制限をもたらします。
開脚方向への可動が狭すぎ、太もも全体を捻る方向への可動もチビっとしか出来ないので
ハッタリの利いたポージングが出来ません。
ホビージャパン10月号の木村直貴氏の作例では、捻り方向への対策として
太もも上部の球体形状部と太もも本体を切り離して、ロール軸を追加しています。
これはMGのガンダムMk-II等でも見られる機構なのですが、何故この構造を
レイズナーに採用していないのかが謎です。

もう一点、足首のBJ設置位置が高すぎる為に、足首の接地性が良くないのと
スネ~足首の屈折位置が高い位置に来る為に、ポージングした際のシルエットが
破綻しておかしくなります。(この点もHJの作例で指摘されています)

上記、下半身の可動範囲が狭い&おかしい事で、プロポーションがそれなりにまとまっていても
イマイチしっくりと来ないという、よろしくない状態になっているのが本キット。

ついでに言うと、腕の付け根部分(肩と胴の接続部)の可動が上下スイングのみというのも少々頂けない。
前後スイングも入れば、レーザード・ライフルやナックルショットを構えたポーズに力が入るんですが・・・


と、まぁそんな感じで。あまりオススメできる内容で無いのが残念です(滅

一応、所謂「リアルロボット物」のマスターグレード的なラインナップになる
(過去のMGダンバインやMGイングラム、MGグリフォンも包括するような)
とは思うんですが、内容的にはHGとMGの間で若干MG寄りといった感じで少々期待ハズレ。

インフィニットジャスティスガンダムレジェンドガンダムがHG寄りだったものの
大満足の出来だったのに比べて、かなり見劣りしてしまいます。

今後のラインナップはまだ不明ですが、分かることは2つ。

まず、強化型レイズナーの発売。
これは、ランナーの切り替えとパーツ配置を見れば自ずと分かることです。
ノーマルのレイズナーの胸部装甲に、何故バーニアが後付け出来そうな分割があるのか、
という時点でバレバレですね(ぉ

そしてもう一点。エクストラフィニッシュでV-MAXモードの発売(爆
これは、不自然にアンダーゲート処理がされたパーツが多数ある時点で、ほぼ確定です(汗


本当はグライムカイザルとかザカールを出して欲しいんですが・・・
ザカールならば金メッキでも許しちゃいますよ(ぉ
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hipolyman.blog27.fc2.com/tb.php/383-c8400128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハイポリマン

Author:ハイポリマン
兵庫県在住・漢・就職活動中
愛車は三菱FTO-GPXでした。
現在引き篭もりつつ暗躍中
連絡はコチラ
norinori-hat○ac.auone-net.jp
(○には@を入れる)
もしくは
mixipixivまで
twitter_logo.gif

最近の記事

monthly

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。