SacredArea-blog
ガンダム・アニメ・ゲーム・スパロボ・同人・PC等、管理人が興味のある話題を綴る雑記帳
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEICA D VARIO ELMARIT
パナソニック「Leica D Vario-Ermarit 14-50mm F2.8-3.5 ASPH. MEGA O.I.S.」
(デジカメWatch)

パナソニックのデジタル一眼レフカメラ、LUMIX-DMC-L1のセットレンズとしてリリースされていた
光学式手振れ補正機構内蔵のフォーサーズ専用交換レンズ
LEICA D VARIO ELMARIT」が、2006年末から単体販売されています。

で、その交換レンズを、LUMIX-DMC-L1と同じ光学系を持つ兄弟機である
オリンパスE-330」に付けて撮影してみました、というのがデジカメWatchの記事だったりします。

ちなみにこのレンズ、メーカー希望小売価格が15万円という、かなりの高級レンズです。
比較的明るいレンズですし(F2.8~F3.5)手振れ補正機構も内蔵しているし
LEICAの認証を得るぐらいにキチっと作られているだろうし、高価になるのは
致し方ないのですが・・・・・
(それでもこのサイズ・価格で収まっているのは、フォーサーズ規格故だと思いますが)

で、ですね。近所のカメラのキタムラでですね・・・・・・




DMC-L1が148,000円で売られているのですが(汗

当然、本体(L1)とレンズ(LEICA D VARIO ELMARIT)がセットになっています。
元々、L1(レンズセット)の価格は228,000円~248,000円だったのですが
あまりにもマニアックで、且つ高価な為に不良在庫化していたようで、値下げされた模様。
単純に考えても、「レンズを買ったら本体が付いて来た」みたいな状態に(汗


まぁ、ライブビューは便利だと思いますし、レンズの性能は良い。
そんでもって本体も堅実な作りをしているので、お買い得と言えばお買い得??

なのですが、デジイチとしてはオススメしかねてしまうのは何故なのか(苦笑

無難に、CANONのキスデジXにタムロンの18-200mmF3.5-F6.3か
NIKONのD80(orD40)にタムロンの18-200mmF3.5-F6.3か・・・・・
手振れ補正は無いし、ライブビューも有りませんが
CANONかNIKONを推してしまうのであります。

手触れ補正が欲しいなら、NIKONのD80(orD40)に伝家の宝刀
AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
を組み合わせるという方法も有りますしねぇ・・・・
まぁ余裕で15万円を超えて20万円に迫りますが(D80の場合)

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hipolyman.blog27.fc2.com/tb.php/457-585ad609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハイポリマン

Author:ハイポリマン
兵庫県在住・漢・就職活動中
愛車は三菱FTO-GPXでした。
現在引き篭もりつつ暗躍中
連絡はコチラ
norinori-hat○ac.auone-net.jp
(○には@を入れる)
もしくは
mixipixivまで
twitter_logo.gif

最近の記事

monthly

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。