SacredArea-blog
ガンダム・アニメ・ゲーム・スパロボ・同人・PC等、管理人が興味のある話題を綴る雑記帳
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」
20071213-01.jpg

この二人は好きにしておいたらいいと思った。

前話から引き続き、人革連の物量作戦を受けるトレミー&ガンダムズの話。

既にトレミー・エクシア・デュナメスに攻撃を仕掛けているティエレンは時間稼ぎであることが
明らかになりながらも、逃げに徹した人革さんに対して決定打に欠くガンダム2機。

その間に、陽動からトレミーに帰投するキュリオスとヴァーチェが危機に陥るという具合。



20071213-02.jpg

ソーマの存在を感知し、意識が混乱したアレルヤはなすすべも無くカーボンネットで絡め取られ
ティエレンタオツーに捕らわれる。
鉄人桃子がキュリオスに接触すると同時に混乱から錯乱状態に陥るアレルヤ。
そして、5話でソーマに起こった事態と照らし合わせ、キュリオスのパイロットが
人革連の超兵計画に関与していたものではないか、と思い至るセルゲイ。

ところで、脳量子波遮断スーツを着用してソーマはアレルヤの影響をカットしている。
けれども、ソーマの存在はアレルヤに影響を与えている。
流入は防げるけど、流出はしまくりとかいう便利設定のスーツなんでしょうか??

20071213-03.jpg

はい、一丁上がり。とはいえ、アームで拘束しただけってね?(謎


ヴァーチェがソーマ&セルゲイの部隊に接触、キュリオスが捕らわれた事を知り激昂、
ガンダムもろとも輸送艦を落とそうとするが、桃子が迫る。

20071213-04.jpg

バズーカとキャノンの砲撃を軽やかに避けられ、GNフィールドをバリアとして展開するも
至近距離からの砲撃に体制が崩されるヴァーチェ。


20071213-05.jpg

輸送艦ではキュリオスの調査。スキャニングできず、外部スイッチによるコクピット開閉も
できず、しゃーないから切るか、と思ったらアレルヤお目覚め、そしてハレルヤ覚醒。
ハレルヤの覚醒と共にキュリオスのシールドがクロー状態に展開。
このシルエット演出はケレン味があって良い感じ。
それにしても、アームの拘束を振りほどくキュリオスのパワーも大したものだと思うけど
なんともマヌケだなぁとも思ってみたり。
どうせやるなら、間接部に硬化剤を打ち込むとかしといたらいいのに。


20071213-06.jpg

なんだかヴァーチェの戦闘って、ドシンと構えてぶっ放す、ってのが多くてあんまり面白くない
というか、ドシンと構えて敵機の動きを先読みしてビームを「置いて」突っ込ませるような
撃墜方法とか、そういう爽快感が今ひとつ。
イメージとしては、バーチャロンのライデンの立ちレーザー(置きレーザー)みたいな。
で、あっという間に四肢を拘束され、間接部に硬化剤を打ち込まれ、バズーカは蹴り飛ばされ
キャノンは押さえ込まれ、力押しをしてみたものの桃子に接近され、こりゃヤバイと思って
GNフィールドを展開しようとしたらフィールド発生器がワイヤーやらティエレンやらで
稼動できず、最終手段として取ったのが

20071213-07.jpg

アーマーパージ。
欠番だと思われていたGN-004は、GN-005ヴァーチェの中に隠されていたガンダムナドレ。
GNキャノンを手に持ち、一斉射で敵を殲滅するも、本来の計画ではナドレの存在は
さらに先まで秘匿しておくべきだったものをこのタイミングで晒してしまい
完璧主義者のティエリアは涙を流す。

どうせなら、ビームサーベルを手に大立ち回りとかしても良かったのに、と思いつつも
性能の全てを見せないという意味でも、GNキャノンを撃っただけで終わらせたのは
気休め程度とはいえ、ナドレの能力を見せなかったという意味では良かったのかも?
(多分、ヒットアンドアウェイ等の超高機動戦闘が得意な機体だと思うので)


キュリオス・ヴァーチェの鹵獲に失敗し、引き際を得て撤退するティエレン部隊。

セルゲイ・ソーマ・ミンの前に再び姿を現すキュリオス。そして初めて対峙するハレルヤとソーマ。
桃子にビームマシンガンが命中しまくっているんだけれども表面上ダメージが入っていないのは
ハレルヤが遊んで出力を落としているのか、桃子に対ビームコーティングが施されているから
なのか、なんか結構ご都合的ではあるけれども、ハレルヤ&キュリオスの純粋な戦闘力の
高さを描いているんだろうなぁ~と好意的に解釈。

20071213-08.jpg

ミンがキュリオスの前に立ちふさがり、時間を稼ぐ間にセルゲイとソーマは離脱。
ハレルヤさんは元気一杯に相手をいたぶり撃墜、アレルヤは自己嫌悪に陥り涙を流す。


スメラギ女史は自らの戦術予報士としての読み間違いが今回の混乱を招いたと涙を流し
王留美はマイスターズの失態を非難、コーナーは結果を俯瞰。


今回で結構色々弱みが出たソレスタルビーイングなんですが、全体的に演出が荒かった。
ヴァーチェ→ナドレのシーンも、なんか脱いでる間に撃てるじゃんみたいなノロさだったし。
アーマーパージぐらいはもっとバゴっとやってしまっていいと思うんだ。

後は作画が低調だったけれども、まぁ仕方なしか。


機動戦士ガンダムOO公式HP
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hipolyman.blog27.fc2.com/tb.php/566-f1454de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハイポリマン

Author:ハイポリマン
兵庫県在住・漢・就職活動中
愛車は三菱FTO-GPXでした。
現在引き篭もりつつ暗躍中
連絡はコチラ
norinori-hat○ac.auone-net.jp
(○には@を入れる)
もしくは
mixipixivまで
twitter_logo.gif

最近の記事

monthly

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。