SacredArea-blog
ガンダム・アニメ・ゲーム・スパロボ・同人・PC等、管理人が興味のある話題を綴る雑記帳
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC電源を変えてみた
我が家で絶賛稼動中のデスクトップPC。なんだかんだでCPUが3年前から変わっていないとか
一時の自分からすると信じられないぐらいに長期に渡って使っています。
ちなみにCPUはAthlon64X2-4400+(Socket939)、既にSocketAM2にプラットフォームが移行しているので
アップグレードパスが有りません。つまり、CPUを強化したらマザーボードとメモリーも交換する仕様(滅

で、さらに電源なのですが、今のCPUでPCを組み替える前、AthlonMP2000+をデュアルCPUで
動かしていた時に購入したモノだったりします。ちなみに2002年。間に1年間、中国行っている間は
使っていなかったとはいえ、もう6年モノの電源で、そろそろヤバいんじゃないかと思いまして。
今やHDDも光学ドライブもSATAに移行して、電源もSATA専用コネクターが標準になっているんですが
汎用の4ピンコネクターしか付いていなかったりで、拡張するにも変換したりなんだかんだで
結構面倒だったりしたんですね。後、かなり五月蝿い(爆死
購入当時はハイエンドマシンをブン回すんだから仕方ないとか思っていたんですが・・・・

そんな事を考えていたら、先日こんな記事を発見いたしまして・・・・

20080712-07.jpg

ウッカリAmazonさんでクリックですよ(爆死


記事自体が結構提灯記事っぽいなーとか思ったんですが、エバーグリーンは最良な感じのモノは
そんなに無いけれども、少なくとも悪いモノは作っていないという印象があったので、この電源
「パワグリ」500Wを導入してみることに。ちなみに500Wは定格出力。最大出力は550Wだそうです。

20080712-08.jpg

ちなみにコネクター数が我が家の環境では微妙に足りなかったりしたので、変換とか分岐とかを
追加で購入しています。
実は今まで使っていた電源はハイエンド向けだったので、コネクター数が豊富で使い勝手は良かったり
したんですけどね(笑

で、サクサクと電源を入れ替えて接続をし直して試運転・・・・・
電源がすげー静かなんですけど(笑
いや、今までが五月蝿すぎただけなんですけどね。
そうすると気になるのは、CPUのリテールファンの五月蝿さ・・・・低くボーーーっと唸ってます。
ただ、CPUファンを取り替えるとなると、下手するとリンテンションをマザーボード裏側に付けないと
いけない場合があって、そうなると結構面倒だ、ということで今回は保留。

電源が静かになったのはいいんですが、相変わらず排出される熱風はなんとかならんのか(汗
まぁCPUがSocket939版のAthlon64X2-4400+(2.2GHz×2コア、L2:1M×2)って事で消費電力が
110Wだったりするのが最大の要因なんですけどね。
SocketAM2の低消費電力版の4450e(2.3GHz×2コア、L2:512k×2)なら45Wですよ(汗
さらに、PhenomX4-9750なら2.4GHzの4コアで95W。あれ?余裕じゃね?とか思ったり(苦笑

でも、45nm版Phenomが出るまで頑張って今の環境のまま戦います。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hipolyman.blog27.fc2.com/tb.php/647-9fed0338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハイポリマン

Author:ハイポリマン
兵庫県在住・漢・就職活動中
愛車は三菱FTO-GPXでした。
現在引き篭もりつつ暗躍中
連絡はコチラ
norinori-hat○ac.auone-net.jp
(○には@を入れる)
もしくは
mixipixivまで
twitter_logo.gif

最近の記事

monthly

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。