SacredArea-blog
ガンダム・アニメ・ゲーム・スパロボ・同人・PC等、管理人が興味のある話題を綴る雑記帳
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 HG ガデッサ
機動戦士ガンダム00セカンドシーズンより、イノベイターのリヴァイブ・リバイバルの機体、ガデッサ。

20090116-01.jpg

基本形態は爪先を伸ばした浮遊スタイル。


20090116-02.jpg
腰部に懸架している長大なGNメガランチャーと、その下の箱はランチャー用のGNコンデンサー。
ちなみにリヴァイブ機は14話時点ではGNコンデンサーを装備していなかったような・・・・
(色違いのヒリング機は使用してた)

20090116-03.jpg
爪先を差し替えて踵を開くと普通に立てます。が、基本スタイルは上述の通り爪先を伸ばしている
状態なので、若干プロポーションが悪い感じ。左手首は平手が付属します。

20090116-04.jpg
メガランチャーとGNコンデンサーを取っ払ってみた。バックパックは脱出システムも兼ねているという
設定ですが、プラモデルでは流石に再現はできませんね(汗

20090116-05.jpg
GNメガランチャー通常モード。三連装のビームライフル。
ちなみにイノベイター開発のガデッサやガラッゾは、ヴェーダに残されていた第三世代のガンダムの
データを元に建造されており、GN粒子の制御効率が最も高くなるガンダムフェイスが頭部の
マスク下に隠されているという設定。
んでもって、胸にも顔っぽいのがあります(ぉ

20090116-06.jpg
GNメガランチャー。三連装の砲身を展開して中央にでっかいビーム発射口が。
左手でメガランチャーのロールバーを握る事が出来、両手持ちが可能

20090116-07.jpg
後ろから。バックパックは羽を展開する事ができます。
ビームサーベルは腰部サイドアーマー裏に収納されているという設定で、キットでは
収納状態の柄のモールドのみ再現されており、取り外し不可。単体のサーベルも付属しません。

20090116-08.jpg
GNメガランチャーの砲身はここまで広げる事が可能。拡散発射とか、他の機体からGN粒子の
供給を受けて、さらに大出力で発射とか出来ないものかと妄想(笑


20090116-09.jpg
大きさ比較。アヘッドと。
アロウズでの運用が決まっていたため、アヘッドと同じぐらいのサイズで建造されたという事は・・・・

20090116-10.jpg
CBのガンダムよりも大きいわけです。にしても、GNメガランチャーとダブルオーのGNソードII
こんだけ見た目の大きさが違う武装なのにダブルオーライザーに換装したら威力は違えど
射程が一緒となると、流石に悔しくなるよなぁ~って思う(笑





スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hipolyman.blog27.fc2.com/tb.php/749-24379803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハイポリマン

Author:ハイポリマン
兵庫県在住・漢・就職活動中
愛車は三菱FTO-GPXでした。
現在引き篭もりつつ暗躍中
連絡はコチラ
norinori-hat○ac.auone-net.jp
(○には@を入れる)
もしくは
mixipixivまで
twitter_logo.gif

最近の記事

monthly

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。