SacredArea-blog
ガンダム・アニメ・ゲーム・スパロボ・同人・PC等、管理人が興味のある話題を綴る雑記帳
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトブキヤ 1/100 ライデン(DNA-Side)
コトブキヤから2008年12月にリリースされたプラモデル、「電脳戦機バーチャロン~オラトリオ・タングラム」版ライデンのDNAバージョン

そもそもはセガAM3研がMODEL2基盤を使用して製作した「電脳戦機バーチャロン」、その2作目は
MODEL3基盤を駆使して初期のアーケード版(5.2)が稼動、さらにバランスを再調整したマイナーチェンジ版を
リリース(5.4)した後にドリームキャストに移植(5.45)、さらにDC版をベースにNAOMI基盤を使用して
再度アーケードでリリース(5.66)と、息の長いゲームとなった「オラトリオ・タングラム(OT)」

細かい事やら詳しい事はwikipedia先生に丸投げ(ぉ

兎にも角にも、コトブキヤがバーチャロンの1作目「OMG」と2作目「OT」の商品化権をセガから取得
第一弾のキットとしてOT版ライデンがリリースされるという衝撃的な情報に、ひたすら興奮を覚えたのが
2008年の夏前の事。
12月発売のこのキットを待ちに待って、サンタさんからプレゼントとして受け取り
そんでもってようやく組み上げました。



無論素組みですが(爆死
一応、目立つ箇所は部分塗装、各部のフラットブラック塗装とクリアパーツの発色を助ける為に
裏側から銀を塗装した程度、スミ入れもしていない状態なのですけれども(汗



20090121-01.jpg
素立ち。狂気の沙汰とも思える徹底したパーツ分割により、設定カラーをほぼ再現しきっています。
ホントにフラットブラックでペトペトと筆塗りして、クリアパーツの裏側を銀で塗ってやるだけで
この完成度。脱帽モノです。

20090121-02.jpg
背面。Vコンバーターは5.4以降で採用されているドリームキャストっぽい形状の方をセレクト。
5.2版のセガサターンっぽい形状のモノも付属しています。

20090121-03.jpg
ライデンのメインウエポンであるバズーカを携える。右手は武器保持専用のモノが用意されています。
パーツの合わせ目が極力発生しないように設計されていますが、大腿部前面中央と、膝関節
腰部の後半分に目立つ合わせ目が。これはパーツ分割だけではどうしようも無い部分だったりしますが(汗

プロポーションは最早完璧。セガ謹製のCGモデルから原型を製作し、さらにその原型から金型を
起こすという、ゲーム世界観さながらの「リバースコンバート」
まさしくイメージそのまんまです。



20090121-04.jpg
可動範囲はゲーム内と同様とまではいかず、また同程度のサイズ・価格帯であるガンプラのMGクラスに
比べて狭い目。
ハイエンドCGモデルから形状を大幅に変更せず、一部にスライド機構等を盛り込んで実現した
可動範囲としては及第点かと思いますが、膝と足首の兼ね合いから重バーチャロイドらしい
腰を落としたポーズをとらせるには、少々頭を働かせてやる必要があります。

20090121-05.jpg
後姿。Vコンバーターは展開可能。さらにVディスクも付属していますが、明確な固定方法が無いので
取り付けていません。

20090121-06.jpg
左手首はバズーカーに添える平手も付属。

20090121-07.jpg
意外と各部は細いライデンさん。

20090121-08.jpg
ライデンの代名詞たる「ライデンレーザー」こと「バイナリー・ロータス」は肩アーマーを丸ごと挿げ替える事で再現。
コチラは肩アーマーを外した状態。

20090121-09.jpg
バイナリー・ロータス展開状態のパーツ。肩アーマーのスライド展開の様子が見て取れるディテールが
施されています。ちなみに展開状態のパーツはランナー枠から除去が可能な配置になっています。

20090121-10.jpg
展開状態のバイナリー・ロータスをライデンに装着。裁きの鉄槌。私はサイファー使いだったのですが
コイツにはさんざんっぱら泣かされましたよ(滝汗

20090121-11.jpg
やぶれかぶれで別角度から。タマラン程にカッコいいのでありますよーーーー


20090121-12.jpg
後方から。ド迫力のレーザー展開状態ですが、腕部は胴体とボールジョイントで接続されており
特に右腕はバズーカーとレーザーの重みで若干垂れ気味になってしまいます(汗

20090121-13.jpg
意味も無く大きな画像を・・・・だってカッコイイんだもん(マテ
ちなみに若干垂れ気味になる右腕は、バズーカを腰というかフトモモ部分に引っ掛けるようにして
コッソリと保持してやる事で、ある程度解消する事ができます。

20090121-14.jpg
前述の膝と足首の可動範囲。これぐらいが限界ですが、これ以上はどうしようもないとも思える感じ。
もう少し足裏が綺麗に接地してくれたら良いのになぁ~と望んでしまうのは贅沢かも(苦笑

20090121-15.jpg
「ライデン」で「バズーカ」という事で唐突ですがMS-06R‐2、ザクII高機動型ジョニー・ライデン少佐機と
並べてみた!!!!
ガンプラ、MGに比べると若干割高なのはコトブキヤとバンダイという会社の違い、体力の違い、大人の事情(ぉ


20090121-16.jpg
オマケ。肩アーマーの前面が取り外せるようになっており、尚且つ現状では使用されていない
四角いポリキャップが組み込まれています。
コレはどう考えても、ライデンの近接戦闘用装備である「フラグメント・クロー」を取り付ける為の機構。
果たして、RNA‐Sideが発売された際にバイナリー・ロータスではなくフラグメント・クローがセットされるのか
それともフラグメント・クローのみ別売されるのか・・・・個人的には別売希望ですが(笑
この先の展開が気になります。




さて、ということで駆け足ではありますがコトブキヤのOTライデンを紹介してみました。
なんつーか、10年前にアーケードでガンガンにやり込んで、ドリキャ版とツインスティック買って
自宅でブイブイ言わせていた人間にとって今回のキット化、それもこの完成度で、ってのは
もう興奮しすぎて色々と甘い見方しか出来なくなってしまう感じもあったりなかったりするのですが
なんというかコトブキヤよくやった!!としか言えません(ぉ

個人的にはOMGのバイパーII、そしてOTのサイファーが愛機だったので欲しくて欲しくてたまらないのですが
最早バンダイ様へのお布施が体に染み付いてしまっているので、今回のライデンを購入するに当たって
躊躇いなんて微塵も感じませんでした!<ダメ人間
順調にセールス上げて、シリーズが続いていかないとサイファーもバイパーIIもキット化できませんからね(ぉ
という事で、おそらくOTライデンRNA-Sideが出たら買っちゃいます(ぇー
当然第二弾であるOMG版テムジンも購入を早々に決意済み。既に予約しちゃってます。

いやはや、それにしても久しぶりに組み立てながらワクワクできるキットでした。
出来上がってからも脳内妄想が止まりません。

そして、コンシューマーでは現在ドリキャ版が唯一のオラタンだったりするわけですが
OMGがSEGA-AGES2500でPS2に移植されて、現在私は猿の様に遊びまくってコントローラーを
壊しかけたりしているわけですが、オラタンも同様にPS2に移植できないものでしょうかねぇ・・・・
や、ドリキャを自宅マウンテンサイクル(謎)の奥底に仕舞いこんでしまい発掘が面倒だとか
そういう事は一切無いですよ?????





スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hipolyman.blog27.fc2.com/tb.php/753-577cee91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ハイポリマン

Author:ハイポリマン
兵庫県在住・漢・就職活動中
愛車は三菱FTO-GPXでした。
現在引き篭もりつつ暗躍中
連絡はコチラ
norinori-hat○ac.auone-net.jp
(○には@を入れる)
もしくは
mixipixivまで
twitter_logo.gif

最近の記事

monthly

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。