SacredArea-blog
ガンダム・アニメ・ゲーム・スパロボ・同人・PC等、管理人が興味のある話題を綴る雑記帳
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOTOKO LIVE HOUSE TOUR 2009・WARP !! ~限界打破への旅-trial stage~松山公演
2009年7月27日、愛媛県の松山サロンキティにて催された
KOTOKO LIVE HOUSE TOUR 2009・WARP !! ~限界打破への旅-trial stage~
の松山公演に参加してきました。

松山でのライブは2006年のツアー以来実に3年ぶり。ってゆうか、まさか松山で再びKOTOKOさんの
ライブが開催されるなんて!!!ってことで、全力で参加してまいりました。

20090728-01.jpg
I'VEの資材トラックと松山サロンキティ。

20090728-02.jpg
贈花は一つだけ。ちょっと寂しいかも。

20090728-03.jpg
物販リスト。ツアーパンフレットとスポーツタオルのブラックを購入。
その他詳細はHPにて確認できます

20090728-04.jpg
ガチャガチャ、一回500円。缶バッジをはじめとしたグッズ類に紛れて、KOTOKOさんの
サインボールやらKOTOKOさんと2ショットでポラロイド撮影できる権利だとかが入ってました。
ちなみに私は二回挑戦して、携帯ストラップと缶バッジをゲット。


続きはセットリストを含むライブのネタバレでござる。



01 siren (シングル「リアル鬼ごっこ」C/W)

02 snIpe (シングル「snIpe」より)

03 Abyss (13cm「Last Order」主題歌)

MC1

04 Belvedia -The Front Line Covers- (I've「The Front Line Covers I've Remix Album」より)

MC2

05 a piacere (Terios「Chanter~キミの歌がとどいたら~」主題歌)

06 (3rdアルバム「UZU-MAKI」より)

MC3

07 縁どりの世界 (3rdアルバム「UZU-MAKI」より)

08 サイダー (3rdアルバム「UZU-MAKI」より)

MC4

09 決断のentrance (ぱじゃまそふと「プリズム・アーク らぶらぶマキシマム!」挿入歌)

10 Sociometry (シングル「BLAZE」C/W 「灼眼のシャナII」2ndED)

11 HALLUCINO (ソフトウェアハウスぱせり「夢幻の迷宮3 TYPE S」主題歌)

MC5

12 BLAZE (シングル「BLAZE」より 「灼眼のシャナII」2ndOP)

MC6

13 U make 愛 dream (シングル「U make 愛 dream」より)


アンコール

14 車窓の調べ (3rdアルバム「UZU-MAKI」より)

15 fickle (selen「はらみこ」主題歌)

MC7

16 Swift Love ~健全男子に物申す~ (きゃんでぃソフト「つよきす 2学期」主題歌)


ダブルアンコール

MC8

17 ハヤテのごとく! (シングル「ハヤテのごとく!」より 「ハヤテのごとく!」1stOP)

18 daily-daily Dream (シングル「daily-daily Dream」より 「ハヤテのごとく!!」2ndOP) <新曲

MC9

19 bumpy-Jumpy! (SAGA PLANETS「ナツユメナギサ」主題歌)



以下、MCの内容をザックリと。

MC1
簡単な挨拶とツアータイトルのコール・・・・噛んでしまうKOTOKOさん萌え<黙れ


MC2
再び挨拶。話題は速攻で「じゃこ天」の話に。
2006年の全国縦断ライブツアーで食した物の中で一番美味しかったのが、松山のじゃこ天。
昨日の時点で松山入りしており、昨晩じゃこ天を堪能。みかんジュースの飲み比べができるお店で
5種類ぐらいのみかんジュースを飲んで、どれも美味しかったと。
ちなみにバンドメンバーの中でギターの星野さんは温泉に行っててご相伴に預かれず。
キーボードの古島さんは、土曜の福岡公演終了後に一度東京に戻り、日曜日に別の仕事をして
松山公演当日の開演少し前に到着というハードスケジュールだったそうで・・・・

今回のツアータイトル「限界突破」について。
メジャーデビューから5年が経ち、昨年はCDリリースも抑え気味で色々と考える時間があって
ある程度の実績を積み重ねてきたが故の悩みみたいなのを持っていたが
そんな中で「自分で作ってしまった限界」を打破したい、突破したい!という想いをこめたツアー。
裏では節制面でも限界突破を目指し、新潟公演が終わるまで吞まない予定・・・・だったけど
土曜の福岡公演終了後と日曜夜の松山で吞んじゃいました!!
福岡といえば焼酎、名物をいただかないわけにはいかないらしい(笑
そして、福岡公演から楽屋に体重計が設置され、バンドメンバー含め強制的に計測が行われて
いるらしい・・・・・

何にせよ、松山は美味しくてズルい!!!鯛素麺美味しい!!明日は鯛飯食べます!!!
で、次の曲へ(笑


MC3
「a piacere」について。「大人のゲームの曲です」で場内爆笑。
ゲーム自体が音楽をテーマにしていて、自身も音楽を生業としているので音楽の良さ、素晴らしさへの
想いを込めて作詞した曲。高瀬さんの曲も良かったし、非常に思いいれがあるとのこと。

「春」について。「UZU-MAKI」ライブをやっていなかったので、中々演奏する事が出来なかった曲。
「夏なのに春かよ!っていうツッコミはナシ」<マテ

3rdアルバム「UZU-MAKI」リリースから2年半が経とうとしていて、「4枚目はまだですか」という
質問をいただく事が多い。そして現在、その4thアルバムを鋭意製作中。かなりイイらしい。
ライブツアーの前は新アルバムのレコーディング等を行っていたので、ツアーが始まると
新曲とライブの曲で頭がゴッチャになってしまい、切り替えるのがちょっと大変だったとも。
4thアルバムは今回のライブツアーを含めた一連の流れの中で作り上げたい、というKOTOKOさんの
意図を、I'veのクリエイター陣も理解してくれていてありがたい限り。

「WARP」について。昔からKOTOKOさんが言っている「膨張する宇宙の一番端っこにタッチしたい」
という話を含めて、宇宙とか銀河の話を交えつつ、「今生きている宇宙から見たらほんのちっさい
点から、もっと他の所に行けたらどんなに楽しいだろう」という夢の詰まったツアータイトル。
見えていないモノが見えるようになる、視点をを変えて色んな見方をして世界を広げよう、みたいな話。

KOTOKOさん自身の身長150cmの体の中にある色々なモノを表現した歌、ということで
次曲「縁どりの世界」に。「縁どり」って肉体って事だったのね(汗


MC4
「縁どりの世界」について。「『縁』は『緑』じゃないよ!!」「スタッフも未だに間違える」だそうで(笑
「サイダー」について。「(飲料の)サイダーは、この季節にピッタリ」
この曲は父親に対する想いを綴った曲。昔から技術科肌の厳しい父親で、頭が良かった。
「頭のいい父と母・・・・なんで・・・・こんな娘が・・・」に場内爆笑
小さい頃から歌ったり絵を描いたりと、何かを創る事が大好きで、受験の傍らコッソリと
オーディションを受けたりしていて父親と親子喧嘩で朝まで討論しまくった。
親子喧嘩が絶えなかったけれども、大人になって父親の愛情がそうさせていたんだと気がついた。
今、それなりに歌手として生活できるぐらいまでの状況になって、父親はKOTOKOさんを
影ながら応援しまくっているらしく、部屋にはクラシックのCDに紛れてKOTOKO棚に綺麗に
CDがリリース順で並んでいるんだとか。
あくまでも自分で購入する事にこだわり、KOTOKOさんからCDを渡そうとしても受け取ってくれない。
さらに、新曲のリリースが近づくと
「今度新曲出るんだって?アマゾンで調べたら出てきたので、予約しちゃった」
「アマゾンからの発送が遅れてて、まだCD聴けてないんだよ」
カワイイお父さんだそうです(笑

KOTOKOさん自身、バンドメンバーを含めた近しい人の中だと結構子供な部分が出てきて
何気にジャイアンなんだそうで・・・・そしてワガママを押し通した結果、今回沖縄公演も実現!
でもKOTOKOさんは「大人になりたい」って言ってました。


MC5
ノリのイイ曲が続いたので、曲間の息継ぎ程度に。「まだまだ行ける!!??」

MC6
「次で最後の曲です」ってことで、「U make 愛 dream」へ


MC7
アンコールで登場、二曲演奏後に
じゃこ天イェイ!!鯛飯イェイ!!
や、愛媛県民としては大変美味しい思いをさせていただきました。精神的な意味で(笑
そして恒例のバンドメンバー紹介。

ギターの星野威さんは現在改名の真っ最中。福岡以降は「ライス星野」、その前は「ミート星野」だった
さらに以前は「星野王子」だったり・・・・で、ステージでKOTOKOさんが新たに命名。
「 ラ イ ス 王 子 星 野 」

キーボードの古島知久さん。いつもは「ふるふる」なのに、「ポイズンふるふる」に名前が変わってました(ぇ
しかも、どうやら本人が居なかった福岡での夕食時に決まったそうで、ふるふる本人も困惑しつつ
「じゃぁ毒を吐いてやる!」ってことで「KOTOKOさんの噛むポイントチェック」をしていた事を暴露
「『デビュー5年目』と言おうとして『デビューゴメンネ』になってた」
「『親子喧嘩』って言おうとして『親子ゲンコ』になってた」
悶絶して恥ずかしがるKOTOKOさんが萌えでした<黙れ
そしてポイズンコールが定着しそうな勢いで・・・・・古島さんは苦笑いしてました(汗

ベースは新メンバーのマリアこと菊池聖美さん。女性ベーシストで、ステージ向かって右側の
お客さんがマリアに目線が釘付けになっていてKOTOKOさん若干ジェラシー(笑
最後、「ベース!!菊池聖美!!」って言おうとして噛んだ。ポイズンの直後だけに爆笑が(笑

ドラムも新メンバー、モヘアこと水野泰宏さん。髪の毛がモヘアなんです(ぉ
さわり心地も最高らしいです。
ちなみに水野さんは福岡公演まで4年半履き潰した靴を使っていたそうで、白いはずの靴が
灰色になり、靴底は謎の緑色の部分まであったんだとか・・・・そして松山公演当日の朝に
意気揚々と「新しい靴買いました!」って報告があり、そのおニューの靴で演奏してました。
すでに臭くなりはじめているらしい・・・・・
で、ここでも「ドラム!!キク・・・・」で爆笑。噛み神が降臨どころか名前間違えてますKOTOKOさん(笑

そして恒例の「ボーカルはKOTOKOです!」

KOTOKOバンド、ベースとドラムのメンバーが交代したこともあり今まで癒し系だった
星野さんと古島さんが、逆に新しい二人を引っ張っていく感じに変わっていました。


「Swift Love」では、KOTOKOさんが隠し持っていた水鉄砲が登場。
ちょびっとだけ元気水のご相伴に預かれました。


MC8
ダブルアンコールでメンバーがステージに再び登場。
KOTOKOさんはライブグッズを宣伝しまくる(笑
ライブTシャツの胸元、光の加減によって「WARP」の文字が浮かび上がるんです!!
って、KOTOKOさんの胸元を凝視しろと言うのかっっ(吐血
つーことで、ちょっと遠いけどポイズンの胸元を見てました(ぁ
現在、ライブツアーでI'VEのスタッフが出払っている為、札幌の事務所では偉い人含めて
少数のスタッフしか残っていないんだとか。

そして楽曲に突入、まずは「ハヤテのごとく!」さらに、アニメ「ハヤテのごとく!!」の新OPとなる
新曲「daily-daily Dream」へ。
観客と一緒に簡単な振り付けを取り入れた、まさにライブ用楽曲!!
途中、演奏が途切れて照明が落ち、スポットライトがKOTOKOさんを照らす・・・・
「ねぇねぇ、『ハヤテのごとく!!』って知ってる?松山では放映されてないみたいなんだけど
7月31日の放送分からこの曲がオープニングで流れます」
と、甘いボイスで囁かれてキュンキュン来ました(ぇ
そして演奏再開、歌い終わってからMCに

MC9
「『ハヤテのごとく!!』新OPだけど、松山では放映されていないのでDVDとかで見て下さい」
えぇ、田舎は辛いっす・・・・
そしてオーラス、全ての力を振り絞って「bumpy-Jumpy!」へ。



以上、怒涛の19曲、2時間半のライブでした。全国行脚するツアーにしてはボリュームたっぷり。
KOTOKOさんの体力がちょっと心配ですよ(汗

選曲は比較的新しい楽曲が多く、ゲームの曲も多かったけれどもそちらも新し目。
一番古い楽曲は「HALLUCINO」でしたが、2006年のツアーでも演奏してましたね。
「UZU-MAKI」からの選曲が多かったんですが、そういや「UZU-MAKI」ライブって
やってないので、「サイダー」とか「車窓」とかが聴けてすごく良かったです。

今回意外だったのは、「Restoration~沈黙の空~」(戯画「バルドスカイ」主題歌)が
セットリストに入っていなかった事・・・・というか、戯画・TGL系楽曲が入ってないですね・・・
結構好きな曲・・・・というか大好きな曲が戯画・TGL系楽曲には多いので
次のライブとかに期待しておきましょう。


個人個人の趣味趣向とか今までのライブ参加の経験とかで色々細かい感想は違ってくるとは
思うんですが、何はともあれ本気で楽しめたライブだったのは間違いないんじゃないかと。

ホント楽しかったです。一緒に行った新居浜のアレな人も大満足してました。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/01 10:15】 | # [ 編集]


自分も新潟公演、昨日行って来ました。
この、ブログを見てチョット予習していきました(アリガトウゴザイマシタ)、自分はブログとかやってないからこんな風に上手にリポート書ける人に関心します。
これからも、KOTOKO(kotoko?)応援して行きましょうね。
【2009/08/25 10:14】 URL | とも #- [ 編集]


>ともさん
新潟公演参加、お疲れさまでした。
松山公演の時と違い、4thアルバムも正式に発表されているので
MCも色々と変わっているんでしょうね。
ちなみにレポートを書くために、メモ帳とペンを持ち込んで超アナログ記録をしております(汗
【2009/08/25 23:36】 URL | ハイポリマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hipolyman.blog27.fc2.com/tb.php/828-85979bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリズム・アークの情報発信

プリンセスラバー!・第4話 ... お前はプリズム・アークのキザーラ校長かよ。 さて聖華に話を戻すと、ファッション業界で活躍中の聖華に雑誌社からのインタビューが入ったそうだ。「ご学友」も一緒にとの事。そこで選ばれたのが根津なんだが、いや ...(続きを読む) KOT... アニメやゲーム等情報収集館【2009/07/31 09:09】

プロフィール

ハイポリマン

Author:ハイポリマン
兵庫県在住・漢・就職活動中
愛車は三菱FTO-GPXでした。
現在引き篭もりつつ暗躍中
連絡はコチラ
norinori-hat○ac.auone-net.jp
(○には@を入れる)
もしくは
mixipixivまで
twitter_logo.gif

最近の記事

monthly

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。